多彩な機能を持つHubSpotですが、多くの企業で活用できるもの、利用価値の高い機能をいくつかご紹介します。

コンタクト管理

マーケティング、営業、カスタマーサービスなど、すべての機能の中心となるのは、コンタクト管理機能です。
お客様の個人情報、メール、チャットのやり取り、電話や打ち合わせの記録など一箇所で管理できます。

見込み客の可視化

アクセス解析のような定量的なものに加え、見込み客を個人単位のオンライン上での行動を可視化(見える化)します。
Webサイトや送付したPDFの閲覧履歴、メールの開封状況、メール閲覧回数やクリックなど把握できるため、見込み客が興味を持っているポイントを中心とした商談や、タイミングの良いアポイントが可能となります。

見込みランク判別

オンライン上での行動に対し、加点、減点のスコアリングを自動的に行い、見込み客より、より有望な見込み客を見つける手助けをしてくれます。
スコアリングの他にも購買サイクルのどの段階にいるかや、マーケティングやセールスファネルのどの段階にいるかなど、多角的な判別も可能です。
一定のレベルに達したら、担当営業に通知することで、いちいち管理画面を覗きに来る手間を減らすことができます。

営業パイプライン管理

営業のアポイント獲得から受注までの過程を可視化します。
可視化することで営業のボトルネックの発見や、月次の収益予測の精度が高くなります。
また、エクセル管理と比べ、更新の負担が減り、リアルタイムで関係者に状況を共有できるようになります。
営業リーダーやマネージャー層の管理負荷を下げ、的確なアドバイスを行いやすくなるため、営業部門には特におすすめしたい機能です。

マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングや営業活動を自動化できる機能です。
あらかじめシナリオ(HubSpotではワークフローと呼ぶ)を設定しておくことで、お客様の行動や興味関心に応じ自動的にメールを送ったり、営業担当に通知をおくったりすることができます。
「誰に」「いつ」「何を」「どのように」の組み合わせで、様々な施策を自動化が可能です。

自動化シナリオの具体例
・商品Aを見た人に、翌日、商品Aの導入事例やお客様の声のメールを送信。
・商品Bの料金を見て離脱したら、担当営業に通知。※その後担当営業が電話で課題のヒアリング。
・来店予約フォームの入力途中で離脱、3時間後に来店ノベルティのご案内メールを送信。

チャット&チャットボット

Webサイトに訪れたお客様の目的達成の手助けのため、気軽に質問できるチャットや、お客様の情報収集にも使えるチャットボットがあります。
チャットを表示するページ、タイミング、対象者など設定できるため、サイトを離脱しようとするお客様への提案など、効果的に活用できます。

メール配信

個人および一斉配信、特定条件に合う人などにメールを配信することができます。CRMで蓄積したお客様の情報を活用し、一人ひとりの興味関心の高い情報を送り分けることで、嫌われるメールから好まれるメールに変わります。
送信されたメールは、リアルタイムで開封状況、閲覧情報など分析することができるため、メールが届いていない人、読んでいない人に対し、別の施策を打つという判断ができるようになります。

ランディングページ・ブログ

SEOに優れたランディングページやブログを作ることができます。
集客に効果的なキーワードやテーマの選定を助けるツールも備えており、自然検索によるサイト流入は、貴社の資産として大きくビジネスに貢献します。

フォーム

管理画面より簡単にフォームを作成することができます。
ページ内に埋め込むタイプ、ポップアップフォームも作れ、取得した情報は自動的にHubSpotのコンタクト情報に保存されます。
htmlやプログラムの知識不要なので、マーケターがスピーディに追加アンケートを行うなどの運用もできます。

他にも数え切れないほどの機能がHubSpotには備わっています。
またOffice365、G suite、Wordpress、Salesforce、ABM、Slackなど多くの外部ツールとの連携もスムーズに行なえます。

商材やサービス、ビジネスの規模などに応じ、使える機能、不要な機能、有効な施策など変わってきます。見込み客の段階や部門ごとに必要な機能構成と、導入規模に応じた料金体系のため、これだけの機能を揃えていながら比較的少額から導入可能です。
HubSpotに関するお問い合わせ、どの機能を使って、どのようなことができるか、自社の例でご説明を希望される方は、お気軽にご連絡ください。